プラモ作って、ネットやって、アニメ見て、オークションやって、フィギュア集めて・・・ってな日常です。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

災害は忘れた頃にやってくる・・・

2014-03-11 Tue 13:45
おはようございます!

今日も風が強く桜のつぼみも固く閉ざしています・・・。

※3年前の思い出を綴ろうかと思いますので、心身ともにご注意ください。

あの日はそれほど寒くもなく、湿気も少なかったような気がしました(あまり覚えてない)
なので、BB戦士で作った「風神雷神」の兵隊。
三神鬼を塗装しようと朝から準備しておりました。

DSC07605.jpg (当時の画像)

ここでお昼を食べて(ミニ冷やし中華)まったりとしていたのですよ。
そして、ヤツがやってきたわけで、
パーツも塗料も信じられない方向に吹っ飛んで行きました。
食べ残していた冷やし中華のタレがカーペットに染み付き、その匂いがいまだに不安にさせます。

当時の画像や映像は、TVやユーチューブなどでご覧になった方が多いと思いますので省きますが、
あの晩は、雪が降ってました。

021.jpg 知らない場所ですがこんな感じ。

停電の中、暗くなるにつれて不安がドンドン大きくなってきました。
なんの情報もわからないまま、寒さが増してきたので、
車で暖をとることにしました。

両親と姉と姉の犬と、2台の車に分乗して毛布を持って
近くの中学校の校庭で一晩過ごしました。

普段なら学校の校庭に入ることはできませんが、
あの日は終業式か卒業式かで、謝恩会があったらしく、
偶然にも校庭に入ることができたのです。

私たちの他にも何台もの車がきていました。
雪はしんしんと降っていました。
その晩は結局眠れなかったかな?

翌日、電気は復旧しましたので自宅に戻りましたが、
どこから手をつけたらよいか・・・。
とりあえず、食料の調達ということで、
母は水汲みに。
私は近くのスーパーへ。
父はお留守番。

水は一人2Lのペットボトルに6本。
食料は一人10品まで。

うちはプロパンガスだったので、とりあえず、お湯は沸かせる。
ご飯も炊ける。
おかずは・・・ふりかけとか缶詰とか?

すると、父が文句を言い始める。

「温かいものが食べたいな・・・」

電気・ガスは使えても、食材が手に入らない。
限られた水での調理は難がある。
男って(特にうちの父は)ダメだなぁ~と。痛感・・・。

自宅も半壊ですんだので、私達家族は恵まれている方なのに。
親父は・・・・・。
父は親戚の中で一番の年上(上の叔父叔母は亡くなっていたので)なのに、
安否も心配せず、逆に「俺のところに来い」的な雰囲気。
母は、親父の目を気にして、兄弟の安否をせず。

この親達の世代ってこういうものなのかなぁ~って思ってたっけ。
私は、メールとかで、友人やいとこと連絡とれたので、皆色々あったけど生きてることが確認。

まだ3年?
もう3年?


今は普通に生活していますが、
今後また災害が起きないとも限らないので、準備だけはしておいた方がいいんだよね?
と、思う今日この頃。

今、生きていること。生かされていることに感謝します。


最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。
東北の復興はまだまだ先ですが、あの日を忘れずに、前を見て・・・・・。



スポンサーサイト
別窓 | 東北地方太平洋大震災 | ∧top | under∨

| ケロロ小隊に入りたい・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。